みんなの予約ナビ

美容院・グルメ・ディナーをはじめ、身近にあるさまざまなお得で安いおすすめの予約情報をまとめています。

美容院での髪型やカラーの上手な頼み方のまとめ

      2018/01/12

美容院で自分のイメージする髪型やカラーを伝えたい場合、なかなか上手に伝えることができず悩んでしまうケースがあります。

行きつけの美容院ならともかく、初めての美容院であれば尚更です。

髪型やカラーについては人それぞれこだわりがある人もいますし、ぼんやりとイメージがあってもその通りにいかなければストレスを抱えてしまうことになりかねません。

そこで今回は上手な髪型やカラーの頼み方をまとめました。

1.イメージは言葉だけでは伝わりにくい

まず美容院で髪型やカラーをオーダーする場合、言葉だけではなかなか相手に伝わらないということを抑えておく必要があります。

『短め』という言葉一つとっても、注文する側とされる側とではイメージが異なります。

よく美容サイトの口コミなどで前髪が短くなりすぎた、というクレームを見かけることがありますが、こうした問題は言葉から生じている可能性があります。

2.あらかじめベースとなる参考画像を用意しておくと良い

美容院で最も理想的な頼み方は、自分がイメージする参考画像を用意しておくことです。

シンプルなことですが、ひと手間加えるだけで注文が円滑になります。

昔は髪型やカラーのイメージを伝えるために雑誌や雑誌の切り抜きを利用することがありましたが、今はスマートフォンや携帯端末があります。

携帯端末の効用

スマートフォンは画像を簡単に保存しておき、持ち運びも苦にならないのでおすすめです。

このように言葉ではなくベースとなる見本のようなものを持っていくと美容師さんとイメージが共有しやすくなります。

見本をベースにすれば、言葉で短くする・長くするといった頼み方をしたり、美容院に置いてある雑誌も参考にして注文することも容易です。

3.見本の画像は平面図は避ける

美容師さんに画像を見せる場合、平面図にならないように注意しましょう。

平面図の代表的な例としては、スポーツの選手名鑑や芸能図鑑が挙げられます。

これらの画像は様々な髪型が一覧できる一方、髪型を伝えるために用意された画像ではありません。イメージが共有できる場合もありますが、美容師さんによっては困惑させてしまう恐れがあります。

参考画像はあくまでもヘア関係で

そのため利用する画像は、あくまでヘアカタログのようなヘアスタイルに特化したものが確実です。ヘアカタログは立体的になっているので、見本としては理想的です。

有名人と同じ髪型にしたい場合も、できるだけ平面ではない画像を選びましょう。

髪型やカラー画像をネット上で収集するのは簡単ですし、ヘアスタイルに関連したものにしておくのがおすすめです。

4.髪型やカラーはその場で決めない

hairsalon-order2

美容院に行ってから髪型を決めようとする場合、悩んでしまうことが多々あります。

短時間で決める必要があり、ヘアカタログ雑誌は無数のヘアスタイルが存在するからです。

初めから全てをおまかせをする、という場合を除いてその場で髪型やカラーを決めるのは得策ではありません。その場で色々と悩み出してしまうと当人は良くても、美容師さんからすれば仕事時間の浪費になりかねません。

例えカウンセリングに力を入れてくれる美容院であっても、ある程度は準備しておく方がスムーズに行きます。

慣れ親しんだ美容院であえてその場で決めるのは問題ありません。しかし初めていく場合などは前述したとおりベースとなる見本を用意しておくことをおすすめします。

5.思ったよりカラーが暗い・明るくなる問題はどうするか?

カラーでは見本を見せたにもかかわらず、思っていたよりも暗くなった・明るくなったという話は枚挙にいとまがありません。

まさにイメージのズレになりますが、これは美容院の照明の問題があります。
例えば試着室で着た洋服が、家に帰ってみると全然違っていたという経験はありませんか?

照明がもたらすカラーイメージのズレ

美容院の照明は明るい・暗い場合があるので、その中でカラー見本や雑誌を見てしまうと僅かなズレが生じる恐れがあるのです。

これらも踏まえて、カラーの注文というのは意識的にしっかりと伝える必要があります。

例えば自分が明るくしたい場合は見本を選ぶだけではなく、しっかりと明るくした旨を伝えましょう。この場合は言葉で補足するのが望ましいです。

6.髪型がイメージと違う時はどうするか?

色々と相談をしても完成した髪型がイメージと異なる場合があります。
その場合は、遠慮せずキチンと伝えましょう。

しかし、あらかじめきちんと頼めていれば微調整で済むことが殆どのはずです。
その意味でもやはり事前に自分のイメージをきちんと伝えておくことが大切になります。

カウンセリング重視の美容院はズレが少ない

基また、本的にはカウンセリングやコミュニケーションを取りながら髪型は決めて行くものなので修正が言いにくいなと感じる美容師さんの場合、相性が悪いと言えるかもしれません。

美容院によってはカウンセリングを重視するお店がありますが、そうしたお店は融通が利きやすいのでおすすめです。

美容院での髪型やカラーの上手な頼み方のおさらい

美容院での上手な頼み方をおさらいすると以下の通りになります。

  • あらかじめイメージする見本画像を携帯端末に保存して持っていく
  • 見本画像をベースに、相談をして髪型を決める
  • カラーは、カラー見本や画像の他にも明るめ・暗めなど要望があれば言葉で強調する。

クーポンを使ってリーズナブルに

美容院での頼み方に慣れればお店に行くのが今まで以上に楽しくなるはずです。
今回はあんな髪型にしよう、こんなカラーにしようとワクワクしてきます。

美容院予約サイトのホットペッパービューティーや楽天ビューティ等では、可愛い・カッコいいヘアスタイルが掲載されている他、料金が割引されるクーポンがあります。

今回のまとめを参考に、ぜひ美容院で今まで以上に素敵な自分になって下さい。

美容院のカラーの関連記事はこちら

 


 - カット代が安い美容院

life