みんなの予約ナビ

美容院・グルメ・ディナーをはじめ、身近にあるさまざまなお得で安いおすすめの予約情報をまとめています。

しわやたるみの対策と本気で改善するための5つの方法

      2019/02/17

wrinkles-slack2

しわやたるみには大きく分けて、浅いものと深いものがあります。

浅いものとは肌の一番上にある表皮にダメージがある状態、深いものとはその下にある真皮にダメージがある状態を指します。

浅いものであれば、日頃のスキンケアなどで改善していくことも可能ですが、深いものになると、食べ物やエクササイズなどを本格的に対策しなければ、改善するのは難しいです。

でも大丈夫!今から正しいケアを続けていけば、しわもたるみは改善できます。
もし、本気で悩んでいる方がいたら、保存しておくことをおすすめします。

しわやたるみを改善する5つの方法

wrinkles-slack4

食事からスキンケアにいたるまで、しわやたるみを改善するための方法をご紹介します。

5つの中で自分ができそうなことから始めてみましょう。

1.食事で改善する方法

食事からコラーゲンなどを摂ってもあまり意味がないといわれていましたが、最近の研究ではそうでもないことが分かっています。

でも、食事から摂れる美容成分は量も限られているため、それよりは抗酸化作用のある食べ物を摂ることがしわやたるみには有効です。

肌の老化を防ぐ食べ物を意識して食べる

wrinkles-slack3

肌の老化現象の一番の原因は紫外線です。紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生しますが、40代以降はこの「活性酸素」が特に増えるといわれています。

活性酸素は細胞を錆び付かせ、それがしわやたるみなど肌の悩みの元になると同時に、様々な病気の原因になりますから、出来るだけ減らしたいもの。

そこで、抗酸化作用のある食べ物を意識的に食べましょう。

・ビタミンC(キウイ、いちご、柑橘類、パプリカなど)
・ビタミンE(ナッツ類、オリーブオイルなど)
・βカロテン(緑黄色野菜)
・ポリフェノール(大豆製品、赤ワイン、お茶、コーヒーなど)

中でも2食分のビタミンCが摂れ、エイジングケアに最適な「キウイ」はおすすめ。
スッパイですが、栄養のかたまりです。

これら食品を普段から意識して積極的に摂ることで、しわやたるみを改善するとともに、対策にも役立ちます。

2.化粧品、化粧水で改善する方法

肌は表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。このうち、肌の弾力を保つためのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは真皮にあります。

たるみや深いしわを防ぐためにはこれらを補いたいのですが、残念ながら化粧品としてコラーゲンなどを塗っても、真皮まで届かせることは出来ないのです。

でも、効果がないのかというとそんなことはありません。むしろ大切です!

コラーゲン配合の美容液や化粧水の効果

wrinkles-slack1

これらの美容成分は表皮の一番上にある角質層を潤し「肌のキメを整える働き」があります。

肌が乾燥するとバリア機能が低下して外部からの刺激に弱くなり、乾燥肌などのトラブルを起こすだけでなく、しわやたるみの原因にもなるのです。

ですから、化粧品で角質層を保湿するということはとても大切で、肌のターンオーバーを正常化させて乾燥によるしわやたるみを改善する効果が期待できます。

美容成分としては、

  • コラーゲン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • フラーレン

などが配合されているものがおすすめです。
amazonで人気の「プラセホワイター」「リンクルアイクリーム」などが代表格です。

セラミドには天然セラミド、植物セラミドいくつか種類がありますが、セラミド1など後ろに数字がついているものを「ヒト型セラミド」といいます。

ヒト型セラミドが最も吸収が良いとされているので、覚えておくと役立ちます。

また、しわやたるみの元になる紫外線をカットすることが大切です。必ず日焼け止め効果の高い化粧下地やファンデーションを使い、すっぴんは避けましょう。

3.しわやたるみにおすすめのサプリとは?

wrinkles-slack5

しわやたるみに有効な美容成分としては、
・肌に弾力を与えるもの
・保湿に役立つもの
が入っているものを選びます。

外側からのスキンケアにプラスして内側からのケアも取り入れて対策をしていきます。
食事も良いのですが、サプリメントも効果的です。

化粧品で物足りない場合にサプリで補う

自分の肌や体質に合うかどうか飲んでみないと分からないですが、化粧品だけでは物足りないという方はサプリメントも併用していくといいでしょう。

なお、線維芽細胞を活性化させるとされる「プラセンタサプリ」が代表的です。

余裕があれば、抗酸化作用のあるサプリメントで活性酸素を除去していきましょう。

・ビタミンC
・ビタミンE
・カテキン
・イソフラボン
・リコピン
などを美容成分と一緒に摂取することで美肌効果が高まります。

4.美顔器で改善する方法

美顔器を日常的に使用しているという人は多くないかもしれませんが、普通に年齢肌化粧品を使うよりはずっと効果が高くなるので、気になる人は是非使ってみてください。

「しわ伸ばしテープ」「マスク」なども存在しますが、それ以上に期待できます。

プロのエステティシャンにはかないませんが、自宅に居ながらにしてエステに近い効果が得られると人気を集めています。

例えば、化粧品は表皮の角質層までしか浸透しないことを先ほどお話ししました。

ただ、超音波美顔器などは肌に振動を与えることで肌の細胞を刺激して筋肉を引き締めたり、脂肪を燃焼しやすくするため、しわやたるみの改善に効果があります。

シワやたるみの悩みで、表情筋を鍛えたい!という時にはローラー美顔器もおすすめです。

5.本気で改善するならフェイシャルエステが最もおすすめ

wrinkles-slack6

そして、即効性と持続性を期待するなら、何といってもプロに施術してもらうフェイシャルエステが一番です。

色々な方法を書いてきましたが、フェイシャルエステは最も期待できます。

エステサロンでは美容機器とハンドマッサージを使って、肌の血行を促しリンパを流しながらリフトアップしていきます。

顔のマッサージは素人がやっても効果が出ないばかりか、逆にしわやたるみを悪化させてしまうこともあるので注意が必要ですが、プロの技術ならその心配はありません。

フェイシャルエステは顔の悩みを解決してくれる

顔には表情筋といって、沢山の細かい筋肉が集まっています。その筋肉を痛めることなくほぐし、老廃物を流すことよってキュッと引き締まった小顔が手に入ります。

当然、たるみも改善、ほうれい線も消えていきます。

美容成分たっぷりのフェイスパックをしてくれるので、肌にハリが戻ってきます。
乾燥による小じわも、人によっては1回で改善効果が実感できるでしょう。

フェイシャルエステは体験コースがおすすめ!

1度エステを試してみたいと思う方は、体験コースで施術を受けてみましょう。

非常に安価に、セルフケアとの違いを実感できると思います。
こちらについては、フェイシャルエステの体験コースの記事もご確認ください。

勧誘を上手に断る術

とはいっても、エステは高額な上に勧誘されるというイメージがあって、なかなか敷居が高いかもしれません。

実はそんな時に「勧誘を上手に断る裏技」があります。

・職業欄には「無職」もしくは「専業主婦」と書く
・カウンセリングの時に「今日は時間がないので●時までに出たい」旨を伝えておく
・しつこく勧誘されたら「他のサロンとも比較したいので」と断る

などを頭に入れておけば大丈夫。断るのが苦手な方は試してみてください。

本当に色々なサロンのお試しコースを受けてみて、コスパや技術などを比較検討してみるのはとても大切なことです。

本気でしわやたるみを改善するには技術力の高いエステティシャンの施術を受けるのが一番なので、本気で悩んでいる場合は体験コースを受けてみましょう。

関連記事はこちら

顔のたるみにおすすめなフェイシャルエステのまとめ!


 - フェイシャルエステ

life