みんなの予約ナビ

美容院・グルメ・ディナーをはじめ、身近にあるさまざまなお得で安いおすすめの予約情報をまとめています。

マツエクを初めてする人は必見!おすすめ本数や長持ちのコツを解説

      2018/10/20

Pocket

matsueku-first

まつげを理想通りの長さや形にできるマツエクは、まつげにコンプレックスを持っている人や魅力的な目元を目指す人に欠かせない存在です。

最近はマツエク専門のサロンだけでなく、一般的なエステサロンでもマツエクを行っているところが増えてきました。

そこでこのページでは、初めての人に向けてサロンの選び方や、おすすめの本数、長持ちのコツを分かりやすくまとめました。

その後のケアまで含めたマニュアルとしてご活用下さい。

初めてのマツエクサロンの選び方

具体的な選び方のコツとしては、まず予約サイトなどをチェックして、自分の周辺の地域のサロンの口コミを必ず確認しましょう。

ホットペッパー ビューティーで予約するのがおすすめです。

実際に体験した人の口コミは参考になりますし、口コミは最低でも30件以上で、平均評価が4以上の所を選びましょう。

また、他のサロンと比べて異様に安い価格設定になっているサロンは要注意。

安かろう悪かろうという言葉もあるので、平均的なところを選びましょう。

初めての方におすすめの本数や素材は?

matsueku-first3

マツエクは、人口のまつ毛をまぶたに接着剤でくっつけていくものです。

本数を多くすればするほど、ビッシリと印象深い目元にすることができますよ。

初めての人は本数は少な目から!

できるだけ多くのマツエクを付けたいと希望する人が多いのですが、初めての方はいきなり大量のマツエクを付けるのは避けましょう。

初めての場合、マツエクの扱いや長持ちさせるコツがわかりにくいので、せっかく多くつけてもすぐに取れてしまうことが多いです。

また、一度に大量に付けると皮膚に負担をかけてしまい、まぶたが腫れるなどの悪影響が出ることもあります。

初めての人は合計80本くらいが自然

このため、初めての場合は様子を見るためにも片方の目で『約40本から50本程度』を目安にしておくのがお勧めです。合計80本くらいが自然です。

マツエクには素材の違いもあるのですが、初めての場合は丈夫で価格もお手頃なシルクやミンク素材のものを選ぶと良いでしょう。

マツエクの種類や素材については下記でくわしくまとめています。
マツエク(まつげエクステ)はどんな種類や違いがあるの?

 

一重、奥二重、二重別のオーダー方法をご紹介

ひと口にマツエクと言っても、エクステの素材や種類、長さなど様々あります。
どれを選ぶかによって仕上がりも全然違ってきます。

目の大きさや二重か一重かによっても適したエクステは異なるので、自分の目の状態にあったオーダーをしましょう。

一重や奥二重のオーダー方法!シンプルなものを選んで

matsueku-first2

一重や奥二重の人の場合、まぶたがまつげ部分にかかりやすく、根元が真っすぐで毛先だけカールしているエクステがお勧めです。

初めての場合はいきなりバサバサのまつ毛にすると違和感が出ることもあるので、太さは0.1ミリで長さは0.9ミリ程度の『シンプルなもの』をオーダーすると良いでしょう。

もし分からない場合は、あらかじめ相談しておくと確実ですよ。

二重のオーダー方法

二重の人の場合、もともと目がぱっちりしてまつ毛も目立ちやすいので、どんな長さやカールのデザインでも自由に選ぶことができます。

目力を付けたい場合はカールの大きいものや太さが0.2ミリのもの、長さも1センチを超えるものなどから好みに応じてオーダーしましょう!

マツエク施術後のケアの注意事項

マツエクの施術を受けると、その日からエクステを長持ちさせるために慎重にケアしていく必要があります。

お風呂や洗顔時は要注意!

最も注意が必要なのが、直接エクステに触れることになるお風呂や洗顔時です。

いつものようにゴシゴシと顔を洗ったりお湯をかけたりしてしまえば、あっという間にエクステが取れてしまいます。

エクステのケアはできるだけ触らないことなので、洗顔の時は泡で優しく洗う程度に留めておきましょう。

アイメイクは控えめにしておく

アイメイクをしっかりしてしまうと、それを落とすために目元を強く洗わなければならなくなるので、できるだけアイメイクは控えめにしておくのもポイント。

また、寝ている間にも無意識に目を擦ったり枕や布団で刺激を与えてしまうことがあるので、心配な場合はアイマスクなどを緩めにかけておくのも良いでしょう。

とにかく触らないことが一番大切なので、毎日のメイクやスキンケアの際には十分に注意しておいて下さい。

サロンに通う平均頻度は?マツエクを長持ちさせるコツ

私たちのまつ毛は、特に何も刺激を与えなくても毎日4本から5本程度は自然に抜け落ちてしまいます。

毛周期に合わせてまつ毛が抜ければ、それと一緒にエクステも取れてしまいますが、多くの場合、まつ毛の成長期である3週間から1ヶ月を過ぎると抜けていきます。

理想は1カ月に1回のメンテナンス

このため、継続してエクステを付けておきたい場合は約1ヶ月に1回はメンテナンスに通った方が良いでしょう。

体質やケアの方法などで持続期間は異なるので、自分でマツエクの残りをチェックしながらメンテナンスに通っても構いません。

1カ月以上持たせることも充分可能

マツエクを少しでも長持ちさせるためには、マスカラなどのメイクをしないことや、お風呂や洗顔の後にしっかりと水分を拭き取ることが重要です。

エクステは濡れたまま長時間放置しておくと接着力が弱まってしまうため、冷たいドライヤーの風を当てるなどしてしっかり乾かしましょう。

ケアに注意して毎日過ごせば、1ヶ月以上持たせることも十分に可能です!

頻繁に通うのは大変!という方は、ぜひ工夫してみて下さい。

マツエクは初めてでも心配は無用!

初めてマツエクをする場合、緊張してしまうものです。

それでも今回挙げたポイントを押さえておくだけでも問題はありません。

特に施術後のケアについては、知っておくとトラブルも避けられます。

マツエクは目元の印象を簡単に変えることができ、ここぞ!という時には威力を発揮します。

ぜひ今よりも更に魅力的な目元を手に入れましょう。

 - マツエク

life