WEBサービス WiFi

【WiMAX向け】WiFi・ホームルーターのおすすめは?解約金なしで価格が安いのはどれ?

WiMAXでおすすめモバイルWiFi

本記事では、在庫ありの上で「契約縛りなし」で、WiMAX回線のモバイルWi-Fiが使える3社をランキングで紹介します。

「モバイルWi-Fiやホームルーターが必要だが、契約縛りはいやだ」
「WiMAX回線を契約した後で、使い物にならなかったらどうしよう?」
「それぞれの違いが知りたい」

というように、WiMAX回線を利用したWiFiには、「契約縛り」「解約金」に関する疑問がよく挙げられます。

WiMAX系WiFiは3日の制限容量があり、「こんなはずじゃなかった」となりがちです。

2年縛り・3年縛りがあるとなると、契約する前にかなり心配になります。

そこで「解約金が安い」、もしくは「契約の縛りなし」で利用できる、WiMAX回線のモバイルWiFi・ホームルーターをご紹介します。

WiMAX回線で使えるモバイルWiFiのランキング

現在、在庫があり、かつ縛りがないWiMAX回線で使える「モバイルWiFi・ホームルーター」のランキングは以下の通りです。

  • 1位:BIGLOBE WiMAX 2+ 
  • 2位:UQ WiMAX 
  • 3位:Broad WiMAX 

それぞれの違いとランキングの根拠は以下の通りになります。

価格 期間 解約金 信頼性
BIGLOBE WiMAX 2+ 1年
UQ WiMAX 2年
Broad WiMAX 3年 ×

※BIGLOBE WiMAX 2+は1年目以降、解約金なし
※料金は1年で換算した場合となります。

上位のものほど、解約金や契約更新について、悩む必要はまずありません。

今回はそれぞれくわしくメリット・デメリットをまとめました。

ぜひ、参考にしてください。

1位:BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2」は、最有力の選択肢といえます。

サービス内容は、本家である「UQ WiMAX」をアレンジすることで、さらに利便性やお得感を高めています。

契約期間は1年と他よりも短く、違約金も1,000円のため実質的に縛りなしといえます。

さらに、初月の通信費が無料であるため、1年換算の通信費も安いです。

  • 1年換算の場合 → 毎月 3,648円(目安)
  • 半年換算の場合 → 毎月 3,317円(目安)

違約金もほとんどかからないため、試しに始めたい方にピッタリです。

BIGLOBE WiMAX 2+の基本情報

項目 概要
データ通信量 無制限
月額料金 3,980円(初月無料)
契約期間 1年
割引期間 初月無料
解約金 1,000円
使える端末 W06、WX05、WX06(モバイルWiFi)
WiMAX HOME 02(ホームルーター)
speed WiFi HOME L02(ホームルーター)
送料 なし
契約手数料 3,000円
本体代 19,200円

BIGLOBE WiMAX 2のメリット

「BIGLOBE WiMAX 2」には、以下のメリットがあります。

通信制限がゆるい

「BIGLOBE WiMAX 2」に通信制限がかけられるのは、「3日間で10GB以上の通信があったとき」のみ。

そして通信制限がかかる時間帯は、翌日18時から26時。

このあたりは、本家である「UQ WiMAX」と同じです。

大手企業のBIGLOBEが運営のため、トラブルに怯えることもありません。

1年目以降、解約金0円になる

1年目に解約する場合の解約金は1,000円となっています。

2年目以降は、違約金が0円。

解約のハードルが、たいへん低くなっているのが魅力ですね。

auやUQ mobileの利用料金がさらに安くなる

BIGLOBE WiMAX 2の月額料金は、初月無料のため1年ベースでは割安です。

しかし、「BIGLOBE WiMAX+2」に加入していると、auとUQ mobileの利用料金がさらに安くなるメリットがあります。

今のところは、月額料金が1,000円割引されるという内容になっています。

これはかなり大きいといえますね。

BIGLOBE WiMAX 2のデメリット

ただし、以下のデメリットには注意しておきましょう。

山間部の通信が不安定になることもある

まず、エリアが狭いというところは、頭に入れておきましょう。

都市部なら、通信できないということは、まずありません。

しかし、地方や山間部などでは、通信が不安定になることもあるという口コミが挙がっているので気をつけて下さい。

地下での通信に弱い

上記の「エリアが狭い」というところにもつながるのですが、比較的、電波は弱い部類に入ります。

特に地下での通信は、厳しいため気をつけてください。

しかし、後述する「Broad WiMAX」や「UQ WiMAX」よりもメリットが多く、迷った時に選ぶと外れがありません。

違約金もほぼかからず、リスクなく今すぐ始められます。

\現在、在庫あり/

 

2位:UQ WiMAX

UQ WiMAX

3位には、「UQ WiMAX」が挙げられます。

ちなみに「UQ WiMAX」の提供元である「UQコミュニケーションズ」は、 WiMAX回線の持ち主です。

要するに WiMAXの本家なので、安心感は抜群。

実際にサポート体制(電話での対応時間など)は、とても充実しています。

UQ WiMAXの基本情報

項目 概要
データ通信量 無制限
月額料金 3,880円
契約期間 2年
割引期間 なし
解約金 1,000円
使える端末 W05、W06、WX05、WX06(モバイルWiFi)
WiMAX HOME 02(ホームルーター)
speed WiFi HOME L02(ホームルーター)
送料 なし
契約手数料 3,000円
本体代 15,000円

違約金は、たったの1,000円。

ほとんど無視してよい金額で、縛りなしと言ってもよいでしょう。

UQ WiMAXのメリット

「UQ WiMAX」のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

特に「通信制限のゆるさ」が光ります。

通信制限がゆるい

「UQ WiMAX」の利用者は、たいてい「通信制限がゆるいので快適だ」という感想を述べています。

「UQ WiMAX」で通信制限がかかるのは、「3日間で10GB以上通信したとき」だけです。

動画を沢山見る人にはデメリットになりますが、普通に使う分には問題ありません。

通信制限になる時間帯、次の日の18時から26時までと、やや短めです。

最新機種が選べる

「UQ WiMAX」では、(本家なので当たり前ですが)、最新機種のモバイルWi-Fi通信機器が使えます。

最新機種はWX06。

スペックを重視する人、最新機種にこだわる人なら、たいへん満足できます。

使える範囲が広い

また、使える範囲が広いというのも、「UQ WiMAX」ならではのメリットです。

基本的に人が住んでいるところなら、どこでもつながります。

よほどの山間部などではない限り、問題はないでしょう。

UQ WiMAXのデメリット

ただし「UQ WiMAX」には、以下のようなデメリットがあります。

利用料金は特別安くはない

「UQ WiMAX」の月額利用料金は、決して安いものではありません。

3,880円より安い業者はいくらでもあります。

これはデメリットとして、頭に入れておく必要がありますね。

長く使い続けるほど、コスパは悪くなってしまいます。

電波は、障害物に弱い

「UQ WiMAX」の電波は、障害物があると届きづいというデメリットがあります。

主に問題となるのは、家の壁。

違う部屋に移動すると、電波が入らなくなるケースがあります。

また、地下室や窓の少ない部屋だと、ほとんど電波を拾ってくれません。

 

3位:Broad WiMAX

Broad WiMAX

ひとつめは、おなじみの「Broad WiMAX」です。

WiMAX回線のモバイルWi-Fiが使える業者としては、もっとも有名な部類に入ります。

Broad WiMAXの基本情報

項目 概要
データ通信量 無制限
月額料金 初月から2ヶ月目:2,726円
3ヶ月目から24ヶ月目:3,441円
それ以降:4,011円
契約期間 3年
割引期間 なし
解約金 19,500円(詳しくは下記)
使える端末 W06、WX06
送料 なし
契約手数料 3,000円
初期費用 18,857円

Broad WiMAXのメリット

Broad WiMAXのメリットは、以下の通りです。

違約金を0円にするサービスがある

まず、「違約金が0円になる理由」を解説しておきます。

「Broad WiMAX」には「いつでも解約サポート」というサービスがあります。

これは、指定されている通信業者へ乗り換える場合にのみ、違約金が0円になるというものです。

指定があるのは大きなデメリットですが、押さえておきたいポイントです。

指定されている通信業者は以下のとおり。

  • SoftBank光
  • auひかり
  • ビッグローブ光
  • Broad LTE
  • Yahoo! BB
  • Broad光(東日本、西日本)
  • So-net光

解約して乗り換えるなら、上記から選びましょう。

初期の月額利用料金が安い

1、2ヶ月目の月額利用料金「2,726円」は、業界でも安い部類に入ります。

3ヶ月目から24ヶ月目までの「3,441円」も、比較的安めの部類に入ります。

初期のうちは、コスパに満足できるはずです。

定期的にAmazonギフト券還元キャンペーンがある

ときどき、「Broad WiMAX」からメールが送られてきます。

その際、Amazonギフト券が当たるキャンペーンについて案内される場合があります。

メールをわざわざチェックする人は少ないので、当選確率は高いと言えるでしょう。

Broad WiMAXのデメリット

しかし、「Broad WiMAX」には、以下のようなデメリットが存在します。

いずれもかなり重要なことなので、しっかりとおさえておきましょう。

24ヶ月目以降は利用料金が高い

24ヶ月目以降、安かった利用料金が、一気に「4,011円」まで跳ね上がります。

これは平均的なところと比較すると、かなり高めの利用料金です。

長く使い続けている人が損をするという、少しいびつな料金システムになっています。

料金が高いというのはもちろん問題ですが、それ以上にやや不誠実な印象を受けます。

初期費用が痛い

上記したとおり、初期費用が18,857円もかかります。

事務手数料と合わせると、20,000円超えです。

これも大きなデメリットとして、挙げざるを得ません。

 

縛りなしWiMAX回線で使えるモバイルWiFiランキングのまとめ!

今回のランキングで分かるように、WiMAX回線のモバイルWi-Fiを利用する際、「契約縛り」について心配する必要はありません。

上記ランキングで挙げたものであれば、いつ解約しても、ほとんど問題はありません。

違約金が発生しても、1,000円程度です。

本記事におけるリサーチでは、「BIGLOBE WiMAX+2」の優秀さが目立ちました。

初月の月額料金がまるまる無料になるだけでなく、契約期間も短く、違約金もほとんどかかることがありません。

在庫がしっかりとある中では、ベストな選択になるでしょう。

\現在、在庫あり/

 

モバイルWiFiはトラブルが多く、ビッグローブなど名の知れた大手企業のサービスを利用する方が安心感があります。

ぜひ、利用を検討してみてください。

WiMAX用のWiFi・ホームルーターランキング!各違い・価格・解約金を徹底比較!

  • この記事を書いた人

みんなの予約ナビ

ファイナンシャルプランナーなど生活に必要なさまざまな資格を持つ「みんなの予約ナビ」では、人生を豊かにするための記事をお届けしています。

-WEBサービス, WiFi

Copyright© みんなの予約ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.