WEBサービス

【契約縛りなしで安い】ポケットWiFi6つの比較!今すぐ利用するならこれ!

ポケットwifi比較

「ポケットWi-Fiは契約期間が長い」

「違約金が心配」

「価格が高いのではないか?」

と、いうような声は、よく聞かれます。

確かに、使い勝手が悪いものを、契約に縛られた結果、使い続けなければいけないのは困りますよね。

通信トラブルが頻発している今、契約しばりがなく安いものを選ぶ方が安全です。

本記事は「契約の縛りがない(ゆるい)タイプ」のモバイルWi-Fi業者を、6社紹介します。

また、合わせてあらゆる角度から徹底比較もしています。

ぜひ本記事を読んで、ベストなポケットWi-Fi業者を見つけてください。

縛り無しで安いポケットWiFiの全体比較

今回、厳選して比較しているポケットWiFiをマトリックス(図)でご紹介します。

※すべてのサービスが契約の縛りなし(ゆるい)タイプとなります。

料金 初期費用 在庫 速度
1.クラウドWiFi ×
2.FUJI Wi-Fi
3.SPACE Wi-Fi
4.nomado SIM ×
5.WeBe! Wi-Fi ×
6.縛りなしWi-Fi

※現状のおすすめは「縛りなしWiFi」
※「WeBe!Wi-fi」も良いが、在庫がないのと違約金に注意。

のちほど、細かく比較しますが、ざっくりとまとめると上記の通りです。

在庫切れが多発している今、在庫のありなしは最優先事項。

その上で、初期費用がかからず安いサービスを利用されるとよいでしょう。

それでは以下、6つのサービスのメリット・デメリットをご紹介します。

クラウドWi-Fi(在庫なし)

クラウドWi-Fi

クラウドWi-Fiは、海外へ行く人をターゲットとした業者です。

もちろん日本国内で利用することも可能。

2019年11月にスタートした、比較的新しいサービスです。

クラウドWi-Fiの詳細

項目 概要
月額利用料金 3,380円
端末代金 レンタル型であるため、0円
初期費用 3,980円
解約費用 なし

クラウドWi-Fiのメリット

クラウドWi-Fiには、以下のようなメリットがあります。

世界中で使える

世界で使うことを前提としたサービスなだけあって、実に135カ国での通信に対応しています。

対応している国の数では、業界トップクラスです。

利用料金は安い部類

3,380円という利用料金は、全体をとおしてやや安い水準です。

海外に行くことが多い人は、コスパにも満足できるでしょう

クラウドWi-Fiのデメリット

クラウドWi-Fiのデメリットとしては、初期費用が3,980円と、少し高い部類に入るところが挙げられます。

初期費用が1,000円で済む業者もあるので、少し損な部分はあります。

といっても数千円の違いなので、さほど気にはならないでしょう。

 

FUJI Wi-Fi

FUJI Wi-Fi

「FUJI Wi-Fi」も、おすすめできる業者です。

「クラウドWi-Fi」と同じく、世界中で使うことを前提にしています。

使える国は、先進国を中心に95カ国となっています。

項目 概要
月額利用料金 25GBプラン:2,480円

50GBプラン:2,980円

100GBプラン:3,280円

端末代金 レンタルのため0円
初期費用 3,000円
解約費用 なし

FUJI Wi-Fiのメリット

他社にはないFUJI Wi-Fiのメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

プランの選択肢が多い

まず、プランの選択肢が多いというところ。

上記の表で表したのは、あくまでも「メイン」とされているプランです。

他にも、

  • 海外プラン(日韓で使うユーザー向け)
  • SIMカード有りのプラン

などが用意されており、自分に合ったプランを選べるようになっています。

お試しキャンペーンがある

「FUJI Wi-Fi」は、500円で1週間だけ試用できるキャンペーンを実施しています。

実際に使用して、通信速度などを確認できる、たいへんありがたいサービスです。

FUJI Wi-Fのデメリット

FUJI Wi-Fiのデメリットとしては、速度制限が厳しいという点が挙げられます。

表にあるメインのプランだと、「契約した通信量を超えたとき」に、通信制限がかかります。

通信制限後の速度は、128Kbps。

これは、普通のYahoo!トップページを開くのも辛い、というようなスピード感です。

 

となると、絶対に回線制限にはかかりたくないところ。

通信量が多い人には、かなりのネックとなるでしょう。

 

SPACE Wi-Fi

SPACE Wi-Fi

「SPACE Wi-Fi」は、今段階でかなりの注目を集めている業者。

つい最近スタートしたサービスですが、既に多くの支持を集めています。

項目 概要
月額利用料金 3,680円
端末代金 レンタルのため0円
初期費用 3,000円
解約費用 0円

SPACE Wi-Fiのメリット

SPACE Wi-Fiのメリットは、かなりはっきりしています。

特に以下の2点は、ユーザーから高く評価されています。

回線速度が速い

「SPACE Wi-Fi」では、高速通信が可能な「WiMAX」を利用できます。

そのため、回線速度は他社よりも早く、そして安定しています。

サポートはしっかりしている

ポケットWi-Fiのサポート体制は、かなりいい加減であることが多いです。

「スタッフに聞いても、きちんと対応してくれない」というのは、よくあることです。

 

しかし、「SPACE Wi-Fi」は、口コミにて「びっくりするぐらい、電話対応が丁寧」と言われています。

アドバイスやトラブルシューティングも、わかりやすくて的確との評価。

カスタマーセンターは、9:00から22:00まで営業。

 

何か困ったときには、頼れる業者であると言えるでしょう。

SPACE Wi-Fiのデメリット

「SPEACE Wi-Fi」のサービスは、間違いなく高品質です。

ただし「3,680円」という月額料金や、やや高い部類に入ります。

安く使いたいという人には、ちょっとしたネックになるでしょう。

 

nomado SIM

nomado SIM

「nomado SIM」もおすすめできる業者です。

他社と比べて、かなり特徴的なプランを用意しています。

ちなみにポケットWi-Fi機器ではなく、それに差し込むSIMカードを借りる、というスタイルです。

項目 概要
月額利用料金 20GBプラン:2,600円

100GBプラン:3,600円

300GBプラン:4,200円

端末代金 端末販売なし
初期費用 3,000円
解約費用 なし

nomado SIMのメリット

「nomado Wi-Fi」を利用するうえでは、ふたつのメリットが挙げられます。

タブレットやPCにも使える

SIMカードは、モバイルWi-Fiだけではなく、タブレットやPCにも差し込めます。

その時々によって、機器を選べるのは、とても大きな強みでしょう。

大容量プランがある

上記のとおり、「月300GB」という、大容量プランがあります。

300GBもあれば、回線制限になることは、ほぼ間違いなくありません。

24時間YouTubeを開きっぱなしにしていても、300GBには絶対に届きません。

おそらく複数のスマートフォンなどを同時接続することが前提となっているプランです。

nomado SIMのデメリット

一方で、致命的であると言わざるを得ないデメリットも存在します。

先ほども触れたとおり、「nomado SIM」は、SIMカードを貸し出ている業者です。

 

したがって「モバイルWi-Fiルーターが必要だ」ということなら、それを自前で購入する必要があります。

高いものだと40,000円くらいするので、これは頭に入れておく必要があるでしょう。

 

WeBe! Wi-Fi(在庫なし)

WeBe! Wi-Fi

「WeBe! Wi-Fi」も人気があるサービスです。

通信量が1日5GBに設定されている点が、高く評価されています。

Twitterやブログなどでの口コミも上々です。

項目 概要
月額利用料金 3,280円
端末代金 レンタルのため0円
初期費用 0円
解約費用 3ヶ月以内:9,840円

それ以降:3,000円

WeBe! Wi-Fiのメリット

WeBe! Wi-Fiも、他社にはないメリットを持っています。

キャッシュバックがある

他社から乗り換えてきた場合、最大で23,500円のキャッシュバックがあります。

このキャッシュバックは、「月額料金」から割り引くとか、そういう仕組みではありません。

本当にお金がキャッシュバックされます。

1日5GBまで使える

先ほども軽く触れたように、1日5GBまで使えるというのも、魅力的なポイントです。

5GBは、一日中オンラインゲームをしていても、まだ回線制限には入らないという大容量です。

動画視聴やゲームを好きなだけ楽しみたいという人には、かなり相性がよいでしょう。

WeBe! Wi-Fiのデメリット

ただし、解約費用がかかるという大きなデメリットも抱えています。

3ヶ月目以降は3,000円と、さほど大きな負担ではありません。

しかし契約3ヶ月以内だと、9,450円という多額の違約金が必要になります。

最低でも3ヶ月は使わなければいけない、ということですね。

 

縛りなしWi-Fi

縛りなしWi-Fi

最後に紹介するのは、「縛りなしWi-Fi」。

名前のとおり、契約に縛りがないのが特徴。

しかしそれだけではなく、かなり充実したサービスを展開しています。

項目 概要
月額利用料金 20GB/月プラン:3,000円

2GB/日プラン:3,300円

10GB/3日プラン:3,800円

端末代金 レンタルのため0円
初期費用 1,000円
解約費用 なし

(「縛っちゃうプラン」にしないことが前提)

 

縛りなしWi-Fiのメリット

縛りなしWi-Fiのメリットとしては、以下の点が挙げられます。

利用料金が安め

安ければ月額3,000円と、利用料金はかなりおさえられています。

特に継続して使ったからといって、変動することもありません。

使える端末が多い

詳しくは後述しますが、「縛りなしWi-Fi」は、ダントツで端末の種類が多いです。

もちろん最新機種も用意してあるので、高性能なものがチョイスできます。

「縛っちゃうプラン」もある

逆に、「3年契約を交わす」という「縛っちゃうプラン」に切り替えるというのも、選択肢として存在します。

「縛っちゃうプラン」なら、利用料金はさらに安くできます。

ただし途中解約する場合は15,000円の違約金が必要となるので、注意してください。

「縛りなしWi-Fi」のサービスに満足しているなら、このプランへ変更するのもアリでしょう。

縛りなしWi-Fiのデメリット

縛りなしWi-Fiについて、特に大きなデメリットは見当たりません。

唯一挙げるとすれば、「クーリングオフの対象外」であるところでしょうか。

契約後1週間は、自由に解約できるという法律なのですが、縛りなしWi-Fiには適用されていません。

とはいえそもそもが「契約縛りなし」なので、なくてもさほど困らないでしょう。

 

ポケットWi-Fi6社をあらゆる角度で比較

縛りなしポケットWi-Fiの6社を比較する

以上6社が、「縛りなし(あってもゆるい)タイプ」のポケットWi-Fi業社です。

多少の違いはありますが、どれを選んでも、後悔することはないでしょう。

しかし本記事では、よりよい業者をはっきりさせるため、各項目に基づいて6社を比較していきます。

  • 使える端末
  • 回線
  • データ通信量
  • 月額料金
  • 解約費用
  • 初期費用
  • 補償オプション

ぜひ、参考としてください。

使える端末で比較する

社名 利用できる主な端末
クラウドWi-Fi U2s
FUJI Wi-Fi 100GBプラン:FS030W

無制限プラン:G3

SPACE Wi-Fi W05、801ZT
Nomado SIM JT101
WeBe! Wi-Fi U2s
縛りなしWi-Fi 通常・ライトプラン」801ZT、601HW、FS030W

WiMAXプラン:W04、W05、W06

まずは、使える端末の種類で比較してみましょう。

使える端末の種類では、「縛りなしWi-Fi」が一人勝ちしています。

 

実に6種類から選択できます。

さらに「最強」などと言われる「W05」も候補に入っているのは強力です。

端末にこだわるのであれば、「縛りなしWi-Fi」がおすすめと言えそうです。

回線で比較する

社名 利用できる回線
クラウドWi-Fi ドコモ、au、ソフトバンク
FUJI Wi-Fi ドコモ、au、ソフトバンク
SPACE Wi-Fi ソフトバンク、WiMAX(選択不可)
Nomado SIM ソフトバンク
WeBe! Wi-Fi ソフトバンク
縛りなしWi-Fi ソフトバンク、WiMAX

続いて、使える回線について比較してみましょう。

回線を比較するうえで大切なのは、「WiMAXが使えるか?」というところ。

なぜなら3大キャリアよりも、WiMAXの方が、通信は安定しているからです。

ということを踏まえると、WiMAXが使える「縛りなしWi-Fi」が、やや優れていると言えるでしょう。

 

「SPACE Wi-Fi」にも、WiMAX回線があります。

しかし、「指定できない(ソフトバンク回線になるかもしれない)」というリスクは、あまりにも大きすぎるでしょう。

また、ソフトバンクしか選べない「Nomado SIM」と「WeBe! Wi-Fi」は、少し辛い立場に立たされていますね。

データ通信量で比較する

社名 月々のデータ通信量
クラウドWi-Fi 無制限
FUJI Wi-Fi 25GB or 50GB or 100GB/月
SPACE Wi-Fi ソフトバンク回線:3GB/日

WiMAX:10GB/3日

Nomado SIM 20GB or 100GB or 300GB/月
WeBe! Wi-Fi 5GB/日
縛りなしWi-Fi 通常プラン:2GB/日

ライトプラン:20GB/月

WiMAXプラン:10GB/3日

データ通信量は、業者によってかなりバラついています。

このあたりは、自分自身の使い方に合わせて、チョイスすればよいでしょう。

 

ちなみに、だいたい1日に2GBもあれば、データ通信量には満足できるはずです。

2GBとは、スマートフォンでYouTubeを8時間見続けたとしても、まだ使いきれない容量です。

上記の表で言うと、「FUJI Wi-Fi」の「25GB、50GBプラン」と、「nomad SIM」の「20GBプラン」以外では、特に困ることはないでしょう。

 

少し特徴的なのは、「nomado SIM」の300GBプラン。

300GBは、一台のスマートフォンでは、一月で使い切ることは、絶対にありません。

複数人でシェアして使う、というような使い方をするなら、このプランは抜群のコスパを叩き出します。

月額料金で比較する

社名 月額料金
クラウドWi-Fi 3,380円
FUJI Wi-Fi 25GBプラン:2,480円

50GBプラン:2,980円

100GBプラン:3,280円

SPACE Wi-Fi 3,680円
Nomado SIM 20GBプラン:2,600円

100GBプラン:3,600円

300GBプラン:4,200円

WeBe! Wi-Fi 3,280円
縛りなしWi-Fi 20GB/月プラン:3,000円

2GB/日プラン:3,300円

10GB/3日プラン:3,800円

続いて、おそらくもっとも重視されているであろう、「月額料金」で比較してみましょおう。

最安値は、「FUJI Wi-Fi 25GB」プランの2,480円。

あとは通信量に比例して、さほど不自然ではない料金設定になっています。

だいたい3,500円を境目に、「安い」と「高い」が分かれているようなかたちです。

解約費用で比較する

社名 解約費用
クラウドWi-Fi なし
FUJI Wi-Fi なし
SPACE Wi-Fi なし
Nomado SIM なし
WeBe! Wi-Fi 3ヶ月以内:9,840円

それ以降:3,000円

縛りなしWi-Fi なし

解約費用では、「WeBe! Wi-Fi」の一人負けになっています。

3ヶ月経っても3,000円の解約費用が必要なのは、痛いところですね。

それでも良心的な部類に入るのですが、何せ他の5社すべて、解約費用を0円と定めています。

見劣りしてしまう感は否めません。

初期費用で比較する

社名 初期費用
クラウドWi-Fi 3,980円
FUJI Wi-Fi 3,000円
SPACE Wi-Fi 3,000円
Nomado SIM 3,000円
WeBe! Wi-Fi 0円
縛りなしWi-Fi 1,000円

初期費用が無料なのは、「WeBe! Wi-Fi」のみ。

ただ先ほども解説したとおり、「WeBe! Wi-Fi」は、違約金が生じるリスクもあります。

「初期費用が無料だから!」という理由だけで判断してしまうと、後々困るかもしれません。

 

無料以外で目に止まるのは、やはり「縛りなしWi-Fi」でしょう。

1社だけ1,000円という、かなり良心的な設定になっています。

補償オプションで比較する

社名 補償オプション
クラウドWi-Fi 400円/月
FUJI Wi-Fi 450円/月
SPACE Wi-Fi 500円/月
Nomado SIM 補償オプションの用意なし
WeBe! Wi-Fi 500円/月
縛りなしWi-Fi 500円/月

補償オプションは、「Nomado SIM」の一人負けです。

補償オプションがないのは、少し怖いですね。

 

あとは400円から500円で、さほど変わりはありません。

補償内容も劇的な違いはないので、(Nomado SIMはさておき)ここで差を見出すのは難しいですね。

 

比較した結果、1番おすすめは縛りなしWi-Fi

6社を比較したところ、「縛りなしWi-Fi」の優秀さが光りました。

 

  • 6種類のモバイルWi-Fi機器が候補になる
  • WiMAX回線が使える
  • 初期費用がたったの1,000円

というところから、他社よりも優れていると言えるでしょう。

 

通信量については、ずば抜けて多い、ということではありません。

しかし最低でも月2GBは確保できるので、回線制限に悩まされる事はまずないでしょう。

利用料金も、やや安い部類に入ります。

 

以上のような理由から、本記事では「縛りなしWi-Fi」をおすすめします。

「毎週のように海外に行く」とか、「月100GB以上は必要」だとか、特殊な事情がない限りは、満足できるサービスを受けられるはずです。

 

ポケットWiFiの比較まとめ!

ポケットWi-Fijについて契約するとき、やはり縛りがあるのは怖いことです。

2年契約、あるいは3年契約が必要なケースもあり、「長すぎる!」と感じる人もいるでしょう。

 

しかし上記のように、縛りがない(ゆるい)業者も存在します。

契約するなら、こういった業者から選ぶのがおすすめです。

 

先ほど触れましたが、よほどことがなければ、「縛りなしWi-Fi」がもっともおすすめです。

ぜひ一度、検討してみてください。

  • この記事を書いた人

みんなの予約ナビ

ファイナンシャルプランナーなど生活に必要なさまざまな資格を持つ「みんなの予約ナビ」では、人生を豊かにするための記事をお届けしています。

-WEBサービス

Copyright© みんなの予約ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.