WEBサービス

物理SIMのモバイルWiFiのおすすめはこれ!クラウドSIMの通信障害が嫌な人は必見

物理SIMのモバイルWiFiのおすすめ

モバイルWiFiの需要の高まりでさまざまな通信障害・在庫不足の問題が生じています。

ところで、みなさんは「物理SIM」をご存知でしょうか?

物理SIMとは、流行りの「クラウドSIM」や新規格の「eSIM」をのぞく総称のことです。

2020年以降、どんなときもWiFiをはじめとする「クラウドSIM」の通信トラブルが続いたことで、物理SIMのモバイルWiFに切り替える人が増えています。

「クラウドSIMは通信障害が多すぎる」「ほぼ中国製なのがちょっと」と気になることも多いですよね…。

そこで、今回は物理SIMのモバイルWiFiのおすすめをご紹介していきます。

在庫ありのモバイルWiFiのおすすめに飛ぶ!

クラウドSIMで障害が起きる理由は何なのか?今後も続く?

クラウドSIMで障害が起きる理由

クラウドSIMのモバイルWiFiでトラブルが続いていることで嫌気を指した方もいると思います。

2020年以降、クラウドSIMで障害が起きた背景には、次のことが考えらえます。

・ウイルスによる自粛が影響で、テレワークなどの増加に伴いトラフィックが増えているため。

・他社WiFiからの乗り換えなども含め、そもそもクラウドWiFiのユーザー人口が増え過ぎたため、クラウドWiFi事業者が、同一MNOの再販用SIMをメインにし、1社にトラフィックが集中しているため。

一言でまとめると、クラウドSIM利用のモバイルWiFiで障害が発生した理由は、SIMの調達が困難になったことによるもの。

モバイルWiFiの需要はさらに伸びるといわれ、クラウドSIMによるトラブルは今後も起こりうると予想されています。

しかし、クラウドSIMにどこか悪い印象を持っている人も少なくないと思いますが、そこには一部誤解があります。

クラウドSIM自体には問題はない?

クラウドSIMの技術構造やプラットフォームに自体に問題があるわけではないと「uCloudlink(提供側)」は伝えています。

クラウドSIMは、そのほとんどが中国製であることを懸念する声もありますが、数々の問題を解決しうる可能性をもちます。

しかし、「大容量」や「使い放題」をうたうことで多くの利用者を獲得し、通信トラブルが起こりました。

これらサービスでは、通信容量制限のあるSIMカードを仕入れてクラウドSIMサーバーに設置し、SIMカードの容量を使い切ったら別のSIMカードに切り替える、といった手法で「使い放題」を実現していた。(引用:財経新聞

現状としては「使い放題」をうたうサービスが急増していますが、SIMカード利用のモバイルWiFiは、しばらくは様子を見るのが無難といえます。

物理SIMを使った「縛りなしのWiFi」の利用がベストな理由

物理SIMのモバイルWiFi

モバイルWiFiには1~3年の契約期間があり、期間外に解約をすると違約金がかかります。

「今のWiFiに不満を持つ人」「通信トラブルが不安な人」「短期の契約をしたい人」にとって、この点が大きなデメリットとなっています。

しかし、中には契約期間の縛りのない(または短期間)サービスも存在します。

縛りのないモバイルWiFiは圧倒的におすすめ

「契約期間の縛りがない物理SIM」を使ったWi-Fiサービスは、各サービスごとに違いはありますが、以下の共通点があります。

物理SIMを使ったモバイルWiFiの共通点

・契約期間の縛りなし(違約金がかからない)
・上限なしプランや容量ごとにプランが用意されていることが多い
・個人の使用環境に合わせてプランを選択できる
・困ったときのサポートや製品保証サービスが用意される
・単月から利用可能

違約金がないため、試しに契約してみて使い勝手が悪かったら解約もできます。

また、WiMAXも物理SIMを利用してるため、「どんなときもWiFi」などのクラウドSIMの障害を避けたいなら、物理SIMのWiFiがベストチョイスです。

そこで以下、おすすめの物理SIMをご紹介していきます。

物理SIMを使った縛りなしのモバイルWiFiのおすすめはこれ!

1位 縛りなしWiFi ※ 在庫あり

縛りなしWiFi

  • おすすめ度:(5つで満点)

メリット

・月額制限のしばりなし
・契約期限のしばりなし
・契約解除料なし
・月額最安値クラス
・端末代金ゼロ円
・最短、翌日発送
・Softbank回線とWiMAX回線から選べる

デメリット

・WiMAXプランの在庫が切れやすい
・端末の紛失、水没の際の費用負担が高め

料金プラン

項目 通常プラン ライトプラン WiMAXプラン
月間データ 2G/日
月間無制限
20G/月 10G/3日
月間無制限
月額料金 3,300円 3,000円 4,300円
契約手数料 1000円
契約期間 なし
契約解除料 なし

契約期限・月額制限・端末代金なし、月最安値クラスの代表格が「縛りなしWiFi」です。

縛りなしWiFiは、多くのWiFiに用意されている1年~3年の契約期間の縛りがなく、解約違約金もありません。

余計ななコストがかからず、プランの幅も豊富。

プランも自由に切り替えられるため、すぐWiFiが必要というお急ぎの方にもおすすめです。

他の物理SIMの月額料金とくらべても安く、Softbank回線とWiMAX回線の2つの取扱があるのも魅力で、在庫切れも起こりにくいメリットがあります。

「縛っちゃうプラン」もありますが、やはり縛りなしのメリットは強烈で、物理SIM選びで迷った時は、こちらを選べば外れがありません。

\現在、在庫あり/

 

2位 WeBe!(ウィ・ビー!) WiFi ※在庫あり

WeBe!(ウィ・ビー!) WiFi

  • おすすめ度:

メリット

・料金体系がシンプルで分かりやすい
・契約期間が3カ月と短い
・月額最安値クラス
・LTE 4G回線で速度が早い
・端末代金ゼロ円
・最短、翌日発送

デメリット

・月額データ容量制限あり(5GB)
・契約解除料が3,000円かかる

料金プラン

項目 通常プラン
月間デ―タ容量 無制限(1日5GB超えると制限)
月額料金 3,280円(税抜)
初期費用 なし
契約期間 3ヶ月
解約事務手数料 3,000円
違約金 なし

WeBe! は、ソフトバンクの4G回線で提供する、国内専用のレンタルルーターサービスで、今おすすめできるポケットWiFiの一つです。

  • わずらわしい工事は一切不要
  • すぐに便利にネットにつながる

「縛りなしWiFi」と比べると若干劣りますが、月額料金も3,280円と最安値クラスです。

月間データ容量は無制限で、1日の制限も5GBのため動画見放題などを利用しない限り、リモート・テレワークにも問題なく使えます。

料金体系がシンプルでわかりやすく、複雑な料金体系を嫌う人から人気です。

また、初期費用が無料になっていますので、初回月は日割り料金だけで利用可能。

解約手数料がかかるのはデメリットですが、他社と比べて安いうえ、契約期間も短いため解約がしやすいです。

2~3年の長期契約をしたくない人にはおすすめのWiFiです。

 

3位 SPACE Wi-Fi ※在庫あり

SPACE Wi-Fi

  • おすすめ度:

メリット

・月額制限しばりなし
・契約期限しばりなし
・契約解除料なし
・端末代金ゼロ円

デメリット

・発送まで発送まで3日~7日かかる
・端末の紛失、水没の賠償金がもっとも高い

料金プラン

項目 通常プラン
月間データ容量 制限なし
月額料金 3,680円(税抜)
初期費用 なし
事務手数料 なし
契約期間 なし
契約解除料金 なし

民泊Wi-Fiとして有名なSPACE WiFiも現在、注目されているレンタルWiFiです。

2ヶ月~の長期利用におすすめできるWiFiです。

初期費用、契約解除料がかからないため、カンタンにレンタルを開始することができ、必要がなくなったらいつでも解約できます。

SPACE WiFiには注意点があり、発送まで3日~7日かかるというデメリットを抱えているため、緊急で必要な方にはおすすめできません。

また、端末の紛失・水没のさいの賠償金が40,000円ともっとも高額になっています。

とはいえ安心端末保証(月500円)もありますし、緊急でWiFiが必要ではなければ充分に利用価値のあるサービスといえます。

 

契約期間の縛りなしの物理SIMがおすすめの理由は?

最後にあらためて、物理SIMがおすすめといえる理由を解説します。

どんなときもWiFiをはじめ様々なクラウドSIMを使ったモバイルWiFiで2020年2月から連続的に障害が起きました。

また、その他のクラウドSIMを使ったWiFiでも、同様の障害が発生しています。

これは技術的な問題ではなく、急激な需要の増加によるものと発表されていて、今後も同じことが起こる可能性があります。

契約期間ありのモバイルWiFiを選ぶのは危険?

これからモバイルWiFiを契約しようとしている方も、クラウドSIMを使ったWiFiを選ぶのは考えてしまうと思います。

特に契約期間があるタイプを選んでしまうと、仮にトラブルに巻き込まれても泣き寝入りか、契約解除料を払わなければならない恐れがあります。

さらに、物理SIMとクラウドSIMでは前者の方がスピードが早いというメリットがあります。

そのため、契約期間の縛りなしの物理SIMが現状おすすめです。

WIMAX回線のモバイルWiFiはどう?

WIMAX回線のモバイルWiFiは、物理SIMを利用しているためおすすめできます。

しかし、WIMAXは注意点があります。

UQコミュニケーションズ公式サイトでは「直近3日間で10GB以上」を超過すると1Mbps程度に速度制限を行うと告知されています。

制限が行われる時間帯は18時~翌日の2時ごろまで。

WIMAXにはこうした通信制限があることは押さえておきましょう。

新規格のeSIMのモバイルWiFiはどうか?

新規格のeSIMが注目されていますが、料金面では必ずしも安い選択肢にはなりません。

なぜなら、これは市場がまだ成熟しておらず、eSIM向けのサービスを提供するプレイヤー(プロバイダー)が少ないためです。

まだまだ物理SIMの方が安く済むため、様子を見るのが無難です。

やはり、テレワークが進行し、Wi-Fiの在庫がどんどん減ってきている中、その中でおすすめのが物理SIM のWi-Fiです。

今は契約期間が短く、月額データ容量が多く、料金が安いものを選ぶのがもっとも確実です。

物理SIMであればいかなるトラブルにも対応できます。

物理SIMのモバイルWiFiのおすすめのまとめ!

ここまで、クラウドSIMで障害が起きた理由とは何か?

また、物理SIMのモバイルWiFiのおすすめをご紹介してきました。

今後、モバイルWiFiの需要は右肩上がりで高まっていくといわてています。

「どんなときもWiFi」をはじめクラウドSIMの障害に不安を感じる方は、物理SIMのモバイルWiFiを選ぶとよいでしょう。

 

  • この記事を書いた人

みんなの予約ナビ

ファイナンシャルプランナーなど生活に必要なさまざまな資格を持つ「みんなの予約ナビ」では、人生を豊かにするための記事をお届けしています。

-WEBサービス

Copyright© みんなの予約ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.