日常生活

爪のピンク部分を伸ばすには?ハイポキニウムを育成して綺麗に伸ばす方法!

つめ爪のピンク部分を伸ばす

美しい指先は憧れです。

美しい爪は、ピンク色が伸びて光沢があり先端は半透明の乳白色をしています。

しかし、自分の爪に満足している人はあまり多くないようです。

「爪のピンク部分が短い」「白い部分が人より多い」「爪が短い」と悩んでいる人は少なくありません。

そこで自分で爪のピンク部分を伸ばし、爪を綺麗に育てる方法をまとめました。

爪のピンクの部分が少ない原因は?

爪のピンクの部分(ネイルベッド)が少ない原因

爪のピンク部分を延ばす前に、ピンク部分が少ない習慣を知っておきましょう。

原因をやめるでも効果があります。

ピンク部分が伸びない代表的な原因5つ

  1. 手の乾燥
  2. 爪切りを使う
  3. 爪切りによる深爪
  4. 爪を噛む、いじる
  5. たんぱく質の不足

「ハイポキニウム」と爪のピンクは大きな関係がありますが、上記の習慣があると、美しい爪を育てるためのハイポキニウムが育ちません。

少しの衝撃や、指先に負担をかけているとデリケートなハイポキニウムはカンタンに剥がれてしまいます。

ハイポキニウム

健康な爪は、爪の下の毛細血管が透けて見えるため薄いピンク色に見えます。

この爪を作るのに欠かせない「たんぱく質」が不足しても爪ピンクは伸びません。

ハイポキニウムとは?

ハイポキニウムとは

ハイポキニウムとは爪下皮(そうかひ)のことで、指の皮膚と爪をつなぐ薄皮を指します。

このハイポニキウムが伸びると、地爪のピンクの部分もキレイに伸びます。

ハイポキニウムは爪切りをしたり、爪先を頻繁に触ったりすると剥がれてしまいます。

パソコン作業や指先をよく使う人も、剥がれる恐れがあります。

ハイポキニウムが剥がれると、爪のピンク色の部分の面積が少なくなってしまうため注意が必要です。

ハイポキニウムを伸ばせば、爪の白い部分も減らせますよ。

ハイポキニウムを育成し爪ピンクを綺麗に伸ばす方法

ハイポキニウムを育て爪ピンクを伸ばすセルフケア

いったん面積が少なくなってしまった爪ピンクは伸びにくくなり、せっかく伸びても先端の白い部分が伸びるばかり。

しかしハイポキニウムを育成すれば、爪ピンクの部分が伸びてきます。

以下、ハイポニキウムを育てるのに効果的なセルフケアを5つご紹介します。

  1. 爪美容液またはネイルオイルで保湿する
  2. 爪切りでなくヤスリを使う
  3. 爪を噛む・いじるのを抑える
  4. 爪の先に衝撃を与えない
  5. 爪に良い栄養を摂る

1.爪美容液またはネイルオイルで保湿する

爪美容液で保湿

爪が乾燥していると繊細なハイポキニウムは剥がれやすくなるので、爪専用の美容液またはネイルオイルで保湿しましょう。

マニキュアのように爪の表面に塗るだけでなく、爪の裏側にもしっかり塗ります。

爪専用の美容液やオイルは、ハンドクリームよりも保湿力と浸透力が高く、硬い爪にもしっかり働きかけて潤いがUPします。

入浴後・外出前・乾燥が気になった時など何回でも使って大丈夫です。

個人差はありますが数週間でハイポニキウムが伸びてきます。

後ほどおすすめの美容液をランキングでご紹介しますでご参考下さい。

2.爪切りでなくヤスリを使う

爪やすり

ハイポキニウムはとても繊細なので、爪切りでパチンと切るくらいの衝撃でも剥がれてしまいます。

また、爪切りを使うとせっかく伸びてきたハイポキニウムまで切ってしまいます。

爪は切るものではなく、削って整えるものだと考えて、爪やすりを使って整えましょう。

もちろん、深爪はNG。

やすりは目が細かいもの~大きいものまで様々です。爪が弱く割れやすい人は目の細かいタイプを選ぶようにしましょう。

3.爪を噛む・いじるのを抑える

集中して考え事をしている時や、ストレスを感じている時、退屈な時などに爪を噛んだりいじったりしまうものです。

心理学的には「咬爪癖(こうそうへき)といい、自然に出てしまうクセなので我慢すれば抑えられます。

なお、ジェルネイルをしてもらうと爪を噛むクセを治すのに効果的です。爪がきれいになると大事にしようという心理が働くためです。

4.爪の先に衝撃を与えない

爪先に衝撃を与えないこともハイポニキウムを育てるのに大切です。

  • パソコンのキーボード
  • ドアの開け閉め
  • 洗髪
  • 食器洗い

パソコンのキーボードを爪先で打つクセがある人は、指の腹で打つようにしましょう。

ドアを開け閉め時にうっかりぶつけてしまうなど、無意識にしていた動作でダメージを与えないように気をつけてください。

シャンプーをするときは頭皮のためにも爪の先を立てず、頭皮用ブラシを使って洗うようにしてください。

食器を洗うとき、お風呂掃除をするときなどはゴム手袋でガードするといいでしょう。

ここまで徹底することが爪の美しさにつながります。

5.爪に良い栄養を摂る

  • たんぱく質(卵、大豆食品、鶏のササミ)
  • ビタミンA(緑黄色野菜、レバー、ウナギ)

健康的な爪を生成するのに欠かせないのが「タンパク質」と「ビタミンA」です。

タンパク質は不足しがちになるので、卵・納豆などの大豆食品などを食べて良質なタンパク質を摂りましょう。

ハイポキニウムを育てるには、皮膚や粘膜を作るビタミンAも大切です。

ビタミンAは緑黄色野菜、鶏や豚のレバーに含まれます。こちらはサプリで摂取するのもおすすめです。

ピンク部分を伸ばす爪の整え方

ピンク部分を伸ばす

爪の先を丸く整えている人が多いですが、実はこれはNG。

爪のピンク部分を伸ばす整え方をご紹介します。

爪はやすりで滑らかな四角に

爪の先が丸いと爪先をどこかにぶつけたときに衝撃が1カ所に集中するので、爪にひびが入ったり、割れやすくなります。

ハイポキニウムも剥がれやすくなるので、爪を整える場合は爪やすりを使って、滑らかな四角に整えましょう。

爪やすり

爪の先端の白い部分は2、3㎜残してください。

短くしてしまうとハイポキニウムが剥がれやすくなってしまうためです。

爪やすりのコツ

やすりは爪に対して45度くらいになるようにあててください。

往復はさせず、必ず一方方向に動かして削るようにしましょう。

洋服や毛布などに引っかけやすくならないよう、角が立たないように整えます。

1週間に1回くらいを目安に削るとよいでしょう。

爪がきれいに整ったら爪用の美容液やネイルオイルでケアしてください。

ハイポキニウムを育てる爪美容液&オイル7選

おすすめ爪美容液&ネイルオイル

「ハイポキニウム」を育てる上で、爪専用の美容液またはネイルオイルの利用はおすすめです。

以下、人気の商品を7つご紹介しますのでご参考ください。

1.NAIL REPAIR SERUM(ネイルリペアセラム) 佐藤製薬

マニキュアタイプなので、塗りやすく、ハケで細かい部分までカバーできます。

無香料でサラッとしたつけ心地が気持ちよい爪専用美容液です。

丈夫で強い爪を育てる「ケラチン」、保湿成分の「パンテノール」が入っています。

オイルみたいに使ったあとギトギトしないから、すぐにスマホが触れます。無香料なので香りがないのもいいですね。
マニキュアのようだから、ポーチに入れていつも持ち歩いています。

2.リペクトネイルセラム・D-UP(ディーアップ)

マニキュアタイプの水溶性爪美容液です。

耐水性に優れているため水仕事をした後も効果が持続します。

コーティング成分のキトサン、爪を補修する作用のあるジメチルスホン、保湿成分のスギナエキスなどの成分が入っています。

光沢があるからベースコートとしても使えます。
乾燥して爪が弱く、割れやすいのだけど、これを使い始めてから爪が丈夫になりました。
爪のピンクの部分も伸ばすことができた気がします。

3.クイックケアコート・エテュセ

爪を保護、ケアしながらツヤも出るコートです。

ホホバオイル、ローズヒップオイル、マカダミアナッツオイルなど植物由来のオイルがたっぷりでしっかり潤います。

ネイリストさんに教えてもらい使い始めました。
速攻で乾くから、出勤前や昼休みにも塗ることができて便利。
透明のマニキュアをもっとサラサラにした感じです。

4.ネイルケアオイルN・ANNA SUI(アナスイ)

スノードームのようなキラキラした容器で気分がアガリます。

保湿成分のローズヒップオイル、カメリアオイル(椿油)など5種類の天然植物オイル配合で爪に良くなじみます。

人気があり売り切れやすいので要注意。

中に金箔が入った豪華なネイルオイルです。
ほんのりとローズの香りがするのも気に入っています。
ハンドクリームよりも保湿力が高いですね。
少しべたつきますが、爪先がしっとりして割れにくくなりました。

5.シア ネイルオイ・ロクシタン

「ブラシタイプ」のネイルオイルです。

シアオイルがたっぷり30%も配合されているので、高い保湿力があります。

ヒマシオイルやアンズ核オイルなどの植物オイルも配合され、素早く浸透して爪に潤いをあたえて保護します。

そんなにベタつかないので気に入っています。
可もなく不可もなくといった感じですが、お値段も手ごろだし、筆タイプで少量ずつ使えるから液だれもしないしいいですね。

6.キューティクルリバイタライザー コンプレックスオイル(クシオ)

天然由来のパパイヤエキスで表皮を柔らかくするので成分が浸透しやすく、緑茶の抗酸化作用で美しい爪を育てます。

潤い成分のヒマワリ種子油、サフラワーオイルなども配合。

スポイト型タイプで売り切れやすいので要注意です。

つけ心地がサラサラしているけど、ちゃんと保湿できている感じです。
使い続けていたら、爪が硬くなってきました。
わりと香りが強いのが減点かな。

7.ネイルケアオイル・無印良品

指先にもつけやすく持ち運びしやすいペンタイプのネイルオイルです。

1本1000円以下で買えるのに、艶が出るコスパ最強アイテムです。

カチカチ下の部分を回すと必要な分だけ出てくるので、オイルが垂れてこなくて使いやすいですね。
値段も手ごろだし、香りも嫌味じゃなくて好きです。
ただ、私は乾燥がひどいせいか保湿効果はものたりないです。

爪のピンク色の部分を伸ばす方法まとめ

爪のピンク部分を伸ばすには、ハイポキニウムを育てることが大切です。

そのためにできるセルフケアを改めてまとめると以下の通り。

  • 爪美容液またはネイルオイルで保湿する
  • 爪切りでなくヤスリを使う
  • 爪を噛む・いじるのを抑える
  • 爪の先に衝撃を与えない
  • 爪に良い栄養を摂る

特別難しいことはありません。

これらのことを意識すると、1~2ヶ月でハイポキニウムが修復され、爪のピンクを伸ばすことは可能です。

もし爪が荒れていたりガタガタになってしまっていると時間はかかりますが、諦めずに継続ケアすれば必ず美しい爪になることができるでしょう。

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人

みんなの予約ナビ

ファイナンシャルプランナーなど生活に必要なさまざまな資格を持つ「みんなの予約ナビ」では、人生を豊かにするための記事をお届けしています。

-日常生活

Copyright© みんなの予約ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.