美容整形

サーマクールが老けるって本当?デメリットやハイフとの違いを解説

サーマクールが老ける

「年齢を重ねるにつれてしわやたるみが気になってきた」
「美容整形をして若々しさを保ちたい」

世代を重ねてきた女性なら誰しも一度は抱える悩み。
できることならいつまでも若くいたいですよね。

しかし、老けるという声やデメリットが気になることはありませんか?

この記事ではサーマクールのメリット、デメリットを正しくお伝えします。

サーマクールと、よく比較されるHIFU(ハイフ)についても細かくお伝えするので、失敗するのが怖い方は必見です。

サーマクールの効果とメリット

サーマクールのメリット

サーマクールとは、肌を切らずに肌を引き締めたり、たるみを取ったり、毛穴を引き締めたりするのに効果がある美容整形のことです。

高周波を用いて、皮膚の内側にある真皮と皮下脂肪組織に熱のダメージを与えます。
皮膚の奥深いところに熱を当てるので、肌表面にやけどのあとは残らないメリットがあります。

サーマクールを照射した1、2か月後には、熱によるダメージを修復するためにコラーゲンが生成されるなどの影響で、肌にハリ・ツヤなどが出るなど、引き締め以外の効果も期待できます。

ダウンタイムはほぼなく、1回の治療で1~6か月もの間効果を感じる方もいます。

コラーゲンの減少による皮膚のハリの低下や、加齢・重力などによる皮下組織、筋肉のゆるみに効果を発揮します。

時間をかけて徐々にリフトアップしていくので、周りに美容整形が気づかれにくいのもメリットです。

サーマクールのデメリット

サーマクールのデメリット

肌を切らない、周りに気づかれにくいなど、メリットばかりにみえるサーマクールにもいくつかデメリットがあります。

前提として正しく施術が行われれば大きなトラブルになることはありませんので安心してください。

1つ目はまれにやけどが起こること。
サーマクールは皮膚のすぐ下にある脂肪に主に作用するので、近くにある皮膚にも熱が伝わりやすく、まれにやけどが起こることがあります。
ただ、安全対策が充分に施された機器であれば防ぐことは可能です。

2つ目は痛みが出やすいこと。
部位によっては電流が集中して発熱量が大きくなることがあります。
発熱量が多い部位では痛みが出やすいので、注意が必要です。

3つ目は施術後すぐは納得いく仕上がりでない場合があること。
ある程度日数が経過すれば回復することが多いですが、一度想像と違う状態になることもあるので、その期間は大事な写真撮影の予定などは入れない方がよいでしょう。

この他にも、人によっては以下のような症状がでる場合もあります。

・数日~1週間ほど腫れる
・1週間ほど局所的に皮膚が硬くなる
・かぶれ、皮膚炎が起こる
・凍傷になる
・かゆみが出る
・乾燥する

これら短期的な症状はありますが、長期的な副作用は今のところ報告されていません。

上記のデメリット以外に、人によって効果に差があるので、たとえ金額に対して効果が薄かったとしても満足できるかどうかも考慮しなければなりません。

そのため実績があり値段が安いクリニックを選びましょう。

サ―マクールが安いおすすめのクリニック

料金で注意したいのが、サ―マクールは言い値のため400ショットで15万円~30万円のところも見受けられます。

料金が安いかどうかは400ショットで10万円以下ならばリーズナブルと判断できます。

迷ったときにおすすめなのがハイフ(HIFU)で定評のある湘南美容外科クリニックで9万円ほどで受けることができます。

湘南美容外科のサーマクール

  • 湘南美容外科 400ショット 90,750円

湘南美容外科は全てのメニューの中でハイフの評判がよく、ハイフについては以下の記事も気になる方は参考にしてみてください。

>> 湘南美容外科ハイフ(HIFU)の口コミはどう?リアルな評価まとめ

 

サーマクールは老ける?

サーマクールは老ける?

サーマクールの使用で老化が進むことはありません。
しかし、老けて見えるようになってしまう場合もあるので注意が必要です。

老けて見みられる人には、しわが多い、ほうれい線が目立つ、くすみやクマがある、たるんでいる、頬がこけているなどの特徴があります。

サーマクールを使用することで、老け顔の特徴のうち、頬がこける・たるむなどの状態になる場合も。

頬のこけやたるみの原因はリフトアップ方法による

先述のとおり、サーマクールは皮下脂肪に熱をあて収縮させてリフトアップします。

その際、照射の出力が強すぎると引き締め効果が強く出すぎてしまい、頬がこけてしまうことがあるのです。
また適切な出力でも、頬の脂肪が一時的に減少し、頬がたるんだりこけたりすることもあります。

さらに、誤った治療法によっても老けて見える顔になる可能性があります。
価格が安すぎるクリニックや海外の一部のクリニックでおこなわれているチップの使いまわしは、リスクが大きいです。

これらを防ぐためには、美容整形を受ける前に、サーマクールの実績が豊富で評判がよいところを選ぶことが大切です。

具体的には「湘南美容外科」のようにたるみ治療に定評があり、痛みが少ない機器を導入しているクリニックがおすすめです。

>> 湘南美容外科クリニック

 

サーマクールが向いている人

サーマクールが向いている人

糸で皮膚を持ち上げるのが向いておらず、部分的に均一なボリュームダウンを求めている方にサーマクールはおすすめです。

具体的には、丸顔やパンと張った顔、顔が大きい方、頬にボリュームがある方にサーマクールは向いています。

他にも以下のような方も受けることをおすすめします。

  • 皮膚のたるみが気になる方
  • 皮膚のシワが気になっている方
  • 肌のキメがなくなってきたと感じる方
  • バレたくない方

サーマクールが向いていない人

一方、サーマクールが向いていないのは、頬が薄かったり頬に肉がないような、元々顔がシャープな方です。

この他にも、妊娠中の方、タトゥーがある方、ペースメーカーなどの金属類を体内に埋め込んでいる方、施術部位に注入剤やシリコンを使用している方はサーマクールを受けることができません。

また、医師とのご相談が必要な場合もあります。

肌が極端に弱い方、他の病気の治療中の方、施術や使用する薬品や器具、痛み、副作用等に不安がある方は、カウンセリングをしっかり受けましょう。

サーマクールとHIFU(ハイフ)の違い

サーマクールとHIFU(ハイフ)の違い

サーマクールとよく比較されるものにHIFU(ハイフ)があります。

あまり違いがないように感じられるサーマクールとHIFU(ハイフ)。
「しわやたるみの改善」という点では同じですが、その方法に違いがあります。

共通点と異なる点をそれぞれご紹介しますね。

まず共通点について、サーマクールとHIFU(ハイフ)は、どちらも切らずにフェイスリフトができる点、収縮効果がある点、効果の持続期間が半年から1年ほどである点が共通点です。

しかし、収縮のさせ方や範囲がそれぞれ異なります。

サーマクールの効果と強み

サーマクールは顔が立体的に縮み、引き締め効果が強いのが特徴です。

皮膚が少したるんだ顔にサーマクールを使用すると小顔になります。
照射の範囲が広いので、全体的に縮みます。

引き締め効果があるだけでなく、ニキビ跡を改善したり、美肌効果もあるのも特徴。
高周波の熱を与えることで、コラーゲンを生成し、皮膚を若返らせる効果もあります。

ハイフよりも料金が高い分、メリットも多いといえるでしょう。

ハイフのの効果と強み

HIFU(ハイフ)はピンポイントで熱を与え、リフトアップ効果が強いのが特徴です。

小顔に見えるわけではなく、顔が引きあがって締まったような印象を与えます。

HIFU(ハイフ)の方が細かい部分や狙った部分にのみ照射できるので、周囲にダメージを与えません。

たるみ以外にも、二重あごやほうれい線にも効果を発揮します。

サーマクールは湘南美容外科がおすすめ

サーマクールの料金

「なるべく安くサーマクールの治療を受けたいけど、安すぎると不安……」

そんな方におすすめなのが、湘南美容クリニックのサーマクールです。

湘南美容外科は3つのタイプから選べる

湘南美容クリニックでは、サーマクールFLX、サーマクールCPT、目元専用サーマクールの3種類のサーマクールから選べます。

サーマクールCPT

「サーマクールCPT」は第3世代のサーマクールで、サーマクールFLXの1つ前のもの。
冷却システムが第2世代よりも進化し、熱と同時に振動を与えるので、痛みが大幅に軽減。麻酔なしでも治療を受けることができます。

サーマクールCPTは、400ショット90,750円(税込み)、600ショット124,150円(税込み)、900ショット179,200円(税込み)で受けることが可能。

お値段もリーズナブルで基本的にこちらがおすすめです。

サーマクールFLX

「サーマクールFLX」は2018年に登場したサーマクールで、以前と比較してリフトアップの効果が強化されています。

痛みを軽減するためのバイブレーション機能や冷却システムも改善され、麻酔なしでの治療も可能に。
さらに、チップの面積が以前より大きくなり、治療にかかる時間も短くなりました。

最新のサーマクールFLXは300ショット158,000円(税込み)、600ショットは258,000円(税込み)で治療を受けられます。
ただし、新宿本院でしか治療を受けられないので注意が必要です。

目元専用サーマクール

目元専用サーマクールは、目元のしわやたるみを引き締める効果があります。

薄い皮膚で囲まれた目の周りは、眼球に近く通常のサーマクールの照射は不可能です。
しかし、繊細な目の周りでも引き締め可能な目元専用サーマクールを使用することで、目元周りのしわやたるみを改善できます。

目元専用サーマクールはFLX、CPTともに取り扱っており、どちらも225ショットで116,320円(税込み)、450ショットで198,000円で治療を受けられます。

湘南美容外科は無料カウンセリングも行っているので、相談しながら自分に合うタイプを選ぶと良いでしょう。

>> 湘南美容外科クリニック

 

サーマクールが老ける?デメリットやハイフとの違いまとめ

サーマクールについてまとめると以下の通りです。

  • サーマクールで老けることはない
  • 誤った治療で頬がこけることはある
  • 痛みはあるので注意
  • ハイフよりも引き締め効果が強い

ここまで見てきたとおり、使う器具によって得られる効果に差があります。

人によって合う合わないがあったり、得たい効果にぴったりな他の方法がある可能性もあります。
したがって、まずはカウンセリングを受けるのががおすすめ。

先生による十分な説明を受け、メリット・デメリットをきちんと把握したうえで美容整形を受けましょう。

The following two tabs change content below.

みんなの予約ナビ

生活に必要なさまざまな資格を持つ「みんなの予約ナビ」では、美容や生活知識が豊富なメンバーが人生を豊かにするための記事をお届けしています。/ 運営元:ウォルターインターナショナル合同会社

-美容整形

Copyright© みんなの予約ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.