日常生活

【最新版】マスク生活に関するアンケート結果!マスク利用はいつまで続く?

マスク生活に関するアンケート結果!マスク利用はいつまで続く?

みんなの予約ナビ編集部では、「マスク生活」について最新のアンケート調査を実施。

長引くマスク生活の中で、日本人の気になるマスク事情について意識調査を行い、データを公開しました。

マスク生活に関するアンケート調査概要

  • 実施メディア:みんなの予約ナビ
  • アンケート協力会社:株式会社Crowd Works
  • 幅広い年代の男女400名が対象
  • 実施日:2021年8月26日

マスク生活に関する最新アンケート

マスク生活に関する質問と、最新アンケート結果をご紹介していきます。

  1. 現在のマスク生活に不満はある?
  2. 主にどのタイプのマスクをしている?
  3. マスクの効果は感じているか?
  4. マスクをすることで生活に変化は出た?
  5. マスクで顔を隠せるのはどう?
  6. マスクによる肌荒れは気になる?
  7. マスク生活はいつ頃終わると思う?
  8. 新型ウイルスが収まってもマスクはしたい?

1.現在のマスク生活に不満はある?

現在のマスク生活に不満はある?

選択肢回答
ある64%
ない26%
どちらでもない10%

最新のアンケートにおいてはマスク生活に「不満がある」が64%となり過半数を占める結果となりました。

長引くマスク生活に対して少なくとも不満を抱えている人が多いことが分かります。

一方で全体の2割近くはマスク生活に不満がないことも分かりました。後述するようにマスクにメリットを感じている人も一定数存在しているようです。

2.主にどのタイプのマスクをしている?

主にどのタイプのマスクをしていますか?

選択肢回答
不織布マスク77.25%
ウレタンマスク7.75%
布マスク15%

マスク生活の当初は「ウレタンマスク」や「布マスク」も普及していましたが、現在は不織布マスクの利用率が7割を超える結果となっています。

ウレタンマスクや布マスク以上に、不織布マスクの有効性が広く認知したからだと考えられます。

3.マスクの効果は感じているか?

マスクの効果は感じますか?

選択肢回答
感じる40%
感じない3,75%
分からない56.25%

マスクに効果を感じるが40%。分からないが56%となっていることから、マスクの効果は感じているものの絶対的ではないというのが現状です。

ウイルスは目に見えないことも結果に反映されているかもしれません。

しかし、「マスクの効果が感じない」と答えた人は殆どいないことから、マスクの重要性については多くの人が認知していることが分かります。

4.マスクをすることで生活に変化は出た?

選択肢回答
出た67%
出ない25.5%
分からない7.5%

マスクをするようになって変化が出た人は全体の7割近くとなりました。

日々の生活に何かしらの影響は出ている人が多いことが分かります。

「分からない」という答えが少ないことから、マスクで生活に変化が出る /  出ないという点においてハッキリと割れる結果となりました。

5.マスクで顔を隠せるのはどう?

マスクで顔を隠せるのはどうですか?

選択肢回答
メリットが多い58%
デメリットが多い20.5%
分からない21.5%

今回のアンケートでもっともポジティブな結果となり、マスクで顔を隠せることにメリットを感じている人は半数を超える結果となりました。

  • マスクのおかげで人見知りが解消される。
  • マスクをすることで見た目に負い目を感じにくくなる。

などのメリットが考えられます。

6.マスクによる肌荒れは気になる?

マスクによる肌荒れ

選択肢回答
気になる55.75%
気にならない40%
分からない4.25%

肌荒れについては、「気になる人」と「気にならない人」がハッキリ2分する形となりました。

マスクによる肌荒れを気にしている人は多く、いまなおマスクケアに対する需要の高さが浮き彫りとなりました。

7.マスク生活はいつ頃終わると思う?

※2021年8月が起点です。いつまで続くか。

選択肢回答
2022年度中17.5%
2023年度中45.75%
その他36.75%

来年中(2022年)にマスク生活が終わると考える人は少なく、マスク生活が長期化すると考える人が半数をしめています。

「マスクがいつまで続くか?」については多くの人が気になるところです。

2023年度中にマスク生活が終わると考える人がもっとも多く、少なくとも1年半以上程度は続くものと考えられます。

8.ウイルスが収まってもマスクはしたい?

選択肢回答
したい34.5%
したくない41.75%
分からない23.75%

ウイルスが収まってもマスクをしたいか?という質問に対しては答えが分かれる結果となりました。

何らかの不満を持つ人が多い一方で、マスクをすることによるメリットもあり、マスク生活が続くことを望む人もいることが分かります。

マスク生活に関する最新の考察

マスク生活はいつまで続く?

最新の結果として、全体としてはマスク生活に何らかの不満を抱えている人は多いという結果になりました。

効果が分からないという人や、肌荒れが気になる人が5割を越えていることから、まだマスク改良の余地はあると考えられます。

マスク生活が続いて欲しいと思う人が全体の4割近くいることから、マスク生活はメリットもあると言えるでしょう。

マスク生活については2023年までは続くと考える人がもっとも多く、長期化する可能性があります。

自粛により不満が溜まりやすい状況だからこそ、マスクとどう向き合うか?あらためて考えてみる価値はあるでしょう。

本アンケート調査の目的

マスク生活が長引く中で、多くの日本人がマスクをつけることに対してどのように思っているのか?マスクをすることによる変化は何か?

マスク生活のメリット・デメリットや長期的な展望にたるまで。

あらためてマスクについてより深く知るためにアンケート調査を行いました。

 

The following two tabs change content below.

みんなの予約ナビ

生活に必要なさまざまな資格を持つ「みんなの予約ナビ」では、美容や生活知識が豊富なメンバーが人生を豊かにするための記事をお届けしています。/ 運営元:ウォルターインターナショナル合同会社

-日常生活

Copyright© みんなの予約ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.